読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生っていいな

崩れかけた夢だって叶えたいとだけ信じて、あの日泣いた自分にケリをつける。

いい人生ってなんだ


いい人生って、なんだ?


小学校6年生の時、道徳か何かの授業で出された課題だった。
当時の担任の先生は結構変わり者で、こういう授業が毎日のようにあった。だから皆悩むより先に鉛筆を動かして、自分の考えるし人生というものを言葉にしていった。
私はあの先生の作る授業が好きだったし、何より自分の意見を言葉にしたり、作文を書くことが大好きだったから、みんなと同じようにすぐに鉛筆が進んでいった。静かな教室に鉛筆の音だけが響くこの時間が、私はうっとりしてしまうくらい好きだった。


しかし、その時は、その時だけは違ったのだ。


どうしても、鉛筆が止まってしまう。書いては消して、書いては消して、結局与えられた時間内に考えをまとめることが出来なくて、心底悔しかったのを覚えている。
そんな事が起きたのは後にも先にもあの授業だけだったように思うし、今もう1度人生について書けと言われたら、書けることはまあ書けるのだろうけれど、その内容自体にはあまり自信が無い。
純粋に人生について語るには、少し知識を得すぎた気がする。それか必要な知識が揃っていないから自信が無くて、だから書きたくないのかもしれない。自信の無い文章なんて、誰だって書きたいとは思わないだろう。

けれど私は、

いつかきっと人生について語らなければならない時が来ると思っている。

いつか大人になって、就職活動が始まって、面接を何回も重ねる事になって。その時、人は人生を語らずに入られないと思う。面接で聞かれるからっていうのもあるけど、厳密に言うとそうじゃなくて、多分「語りたい時期」がその時なんだと思う。

私はこのブログを読んだ人に、「人生って案外楽しいな」と思ってほしい。勿論辛い事の方が圧倒的に多いし、死にたくなる時だって沢山あるけれど。
それでも尚、生きていきたいと思える力を与えたい。人に力を与える事で、私自身にもきっと自信がつくはずだ。


……さて、ここまでは少しお硬い文章になってしまったが、いずれはこの最初の記事を見て恥ずかしくなる未来が来るに違いないのだから(笑)、いっそのこと面白おかしくいってみようかと思う。うん、例えばこう、画面の向こう側のあなたに向かって「テイッ」って言ってみるとか(なんか違う)

突然だが、私はジャニーズグループのNEWSが好きだ(本当に突然だけど聞いてほしい)。

テイッは手越のネタである。

4人でわちゃわちゃしてるあの感じとか、紆余曲折(デビュー当時は9人だった)を経て今がある感じとか、個人活動の幅が広くそれぞれの個性が爆発している感じとか、いやほんと、

NEWSって凄いんですよ……(布教モード)

とは言うものの、真面目な話をすると、NEWSは私に力を与えてくれた。というか、私が勝手に貰った。フルスイングを聴いた瞬間に溢れた涙と震えた心と、あの衝撃は忘れない。

そんな事も含めて、これからこのブログで私の人生を話していきたいし、それを通して「人生って割と楽しい?」みたいな、ちょっと顔を上げられるくらいの勇気を誰かに与えられたら嬉しいと思う。

私の生きた15年間を、誰かの勇気に変えられたら、そんな幸せな事は無いのだから。